クレジットカード現金化 業者選びのポイント

クレジットカード現金化には、詐欺まがいの悪質な業者が少なからず存在するため注意が必要です。

クレジットカード現金化サービスが社会的に認知され始めた当時は、有象無象の業者が乱立し、粗悪なサービスを行う業者が多かったのは事実です。

最近では、そのような業者は淘汰される傾向にありますが、それでも尚、悪質業者は存在し続けています。


現金化サービスを利用するなら、トラブルに逢わないためにも優良業者を見極めて利用するようにしましょう。


このページでは、悪質業者の特徴や手口を紹介していきます。詐欺に逢わないために、ポイントをよくチェックしておくことをおすすめします。


クレジットカード番号を聞き出そうとする業者は注意!

クレジットカード現金化は、主にネットショッピングのオンライン決済を利用します。

業者が運営するサイトで利用者が申込金額分の買い物を行い、そのカード決済を業者が確認した後、指定口座に入金されるという流れになります。 そのため、業者がクレジットカードの番号を取得する必要はありません。

電話でカード番号を聞き出そうとしたり、カードを預けるように要求する、もしくはカード両面のコピーを求めてくるような業者は、詐欺業者である可能性が高いと言えます。

このような業者は、利用することのないようくれぐれも注意して下さい。


手数料を要求してくる

申し込み時に、送金手数料・商品送料代金は業者が負担してくれるのかどうか確認しましょう。

WEBサイトの換金率のページに、「別途手数料が掛かります。」などの表記がある場合は、色々な理由をつけて振込額から手数料を差し引く可能性があります。

手数料が掛かるなどといってくる場合は、利用しないようにしましょう。また、契約せず問い合わせしただけで、キャンセル料を払えなどと言ってくるような業者もいるため、注意しましょう。


また、クレジットカード現金化サービスは、貸金業ではないため、審査などは通常一切ありません。審査手数料などの名目で差し引く業者は悪徳業者だと考えてよいでしょう。


サイト内の『特定商取引法に基づく表記・運営者情報』を確認しましょう。

WEBサイトで商売する販売業者は、事業名・事業内容・住所・責任者名・電話連絡先等を必ず表記するように『特定商取引法』という法律で定められています

『特定商取引法に基づく表記・運営者情報』を掲載していない業者は、法律遵守をしていない業者であるため、利用は避けるようにしましょう。

法律を遵守しない業者が優良業者であることはありません。